TOP >> メディプラスゲルのモロモロのでない使い方

メディプラスゲルのモロモロの出ない使い方

 

※メディプラスゲルのリニューアルのお知らせ

メディプラスゲルは今まで悪い口コミで多かった
「モロモロ(カスのようなもの)が出る」
「べたつきが気になる」という点を改善してリニューアルしました。

・メディプラスゲルをつけた後ファンデーションを塗るとモロモロが出る
・べたつきが気になる
とメディプラスゲルを敬遠していた方でも安心して使うことができます。


初回限定1000円割引!送料無料!⇒メディプラスゲルの公式サイトはこちら!


メディプラスゲルの口コミや使用した感想などを調べると、よく「モロモロ(カス)が出てしまう」というものを見かけます。

これはメディプラスゲルを肌になじませようと、こすって摩擦が起きてしまうことが原因です。

でも、他の化粧品などでは、なじませるために手や指で多少こすってもモロモロが出にくいですよね。では、モロモロが出やすいメディプラスゲルは、よくない化粧品なのでしょうか。

 

実はモロモロが出やすい原因は、メディプラスゲルに乳化剤が含まれていないことにあります。

乳化剤は化粧品に含まれている成分同士を中和させる役割を持っており、乳化剤が配合されている化粧品は指や手で摩擦を与えても、モロモロやカスが出にくくなっています。

ただ、乳化剤は肌に対して必要な成分ではなく、近年では乳化剤を含まない化粧品も増えてきました。メディプラスゲルをはじめとするオールインワンタイプの化粧品には、乳化剤が配合されていることが少ないのです。

そのため、メディプラスゲルに限らず、オールインワンゲルを使った人の多くが「モロモロが出やすい」と感じてしまうと言うわけです。

 

モロモロが出ないようにするためには、少量ずつ手に取り、優しく肌に浸透させることがコツです。

化粧品でモロモロが出ると、肌の老廃物と感じてどんどんこすってしまう人もいるようですが、これは化粧品が固まってしまったものなので、こすり続けると肌を傷つけてしまうことがあるので、モロモロが出るようになったら絶対にそれ以上こすらないようにしてください。

 

メディプラスゲルも同様、少しずつ手の平に伸ばし、顔全体をハンドプレスするようになじませていくのが大切です。

 

メニュー